読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツのファームステイでライフワークを見つけた現役大学生の話。

大学に休学届を出し、自分でコーディネートした農業旅をご紹介

6/30 バッグの中のパスポート

こんばんは!itoです。

はじめましての方はこちらからどうぞ ↓

farmstay-germany.hatenablog.com

 

『ふくろう農場での生活。』を最初から読む ↓

farmstay-germany.hatenablog.com

 

 

 

バッグの中のパスポート

ふくろう農場に来て3日目、

農作業が始まって2日目。

驚くべきことに、当時の日記には

「朝…何したっけ…既に忘れてる…笑

 仕事終わってからは――」

と早速のさぼり癖が出ちゃっていました。

 

きっとこの日に印象深かったのは

作業よりもアフター5(4?)

だったのでしょうね。

ということでその話を。

 

ふくろう農場は

ドイツとスイスの国境近くに位置し、

自転車を3分ほど走らせると

ライン川に出ます。

川のこちら側はドイツ、

向こう側はスイス。

 

「今日は仕事終わりにライン側に行こう。

 こんなに暑いもん。水浴びしよう!」

誰かの掛け声で

仕事終わりの予定が決まりました。

「いいね!」

わたしも初めてのお出かけに胸が高鳴ります。

 

午後の作業を終えて、

洋服のしたに水着を仕込んでいると

「ito~はやく~。

 国境越えんだから

 パスポートも忘れんなよ!」

と階下からニアの声が。

 

バッグに素直にパスポートと貴重品を入れ

「お待たせ!」と自転車に跨ります。

 

家を出て駅と反対の方向へと進むと

程なく大きな川が姿を現しました。

手前の岸辺は砂利、

対岸は小さな砂浜があります。

左手に見える橋の両側には

それぞれに簡素な駐在所らしきものがあり

橋の上流側には

コンクリートでできた巨大な仕切りが

ダムのように水量を調節していました。

 

一同は、ドイツ国旗の標識を横切り

橋の入り口へと差し掛かります。

 

パスポート、出すのかな…?

 

おそるおそる駐在所を覗くと

そこには誰もいません。

 

あれ?

 

どきどきしながら橋を渡り

反対側の駐在所を覗きます。

やはり誰もいません。

 

なんだ、いらないんじゃん。

 

途端に、

律儀にバッグに収まるパスポートの存在が

恥ずかしくなったわたしは

まわりにバッグの中身を気付かれないよう

そしらぬ顔で砂浜に降り立ったのでした。

 

 

 

f:id:mayu-dance-or:20161207094239j:plain