読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツのファームステイでライフワークを見つけた現役大学生の話。

大学に休学届を出し、自分でコーディネートした農業旅をご紹介

6/29 ホットなメキシカンガールと赤い車

こんばんは!itoです。

はじめましての方はこちらからどうぞ ↓

farmstay-germany.hatenablog.com

 

『ふくろう農場での生活。』を最初から読む ↓

farmstay-germany.hatenablog.com

 

 

 

ホットなメキシカンガールと赤い車

玄関を出ると、既に準備の整ったアドリアーナが

ベンチに腰掛けています。

 

向かいにある倉庫では

研修生チームのソフィアとリディアが

トマトを袋に詰めていました。

 

「わたしたちはズッキーニだね。」

 

ぴったりとしたタンクトップに、

だぼっとした作業パンツの先を

少し汚れたワークブーツに入れて

癖毛で広がる髪をひとつにまとめる彼女の姿は

凛として様になっています。

日に焼けた二の腕を見ながら

メキシコかっこいいな、と

彼女に対するわたしの印象は

国ごと決まったのでした。

 

 

「あの赤い車で行くよ。」

ナンバープレートの外れたおんぼろのワンボックスを指し

キステを集めると次々にトランクに積み込みます。

「最初にウリにナイフ贈ってもらったでしょ?

 あれ使うから、ポケットに入れて車に乗って。」

 

慌てて部屋に戻って

昨日ウリにもらったサバイバルナイフを

作業着のポケットにしまい

赤い車の元へ走ります。

 

いつのまにかニアが運転席に、

ルーカスが助手席に座っていて

「わたしたちは後ろだよー。」

とトランク側から顔をのぞかせたアドリアーナが

わたしを呼びました。

 

 

 

f:id:mayu-dance-or:20161130114926j:plain