読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツのファームステイでライフワークを見つけた現役大学生の話。

大学に休学届を出し、自分でコーディネートした農業旅をご紹介

6/29 なぞのディナーパーティーへ2

こんばんは!itoです。

はじめましての方はこちらからどうぞ ↓

farmstay-germany.hatenablog.com

 

『ふくろう農場での生活。』を最初から読む ↓

farmstay-germany.hatenablog.com

 

 

 

なぞのディナーパーティーへ2

手入れの行き届いた芝生が続く

小高い丘の上にそのレストランはありました。

 

大きくはないものの、

普段はちょっとした宿泊施設も兼ねているのだとか。

 

「やあ~やあ、おまたせ。

 オイレンホフ一行の到着だよ。」

顔なじみらしい支配人らしき人に挨拶をすると

マルクスは予約席と書かれたテーブルへと

歩いていきました。

 

ウリやミヒャエル、

雇われ社員のアンドレアにリディア、

と一向はぞろぞろと後に続きます。

わたしはソフィアの後ろにつき、

その流れで着席したので

彼女の隣に腰を下ろしました。

 

各々が飲み物をオーダーし

さっそく前菜が運ばれてきました。

 

目を見張る美味しさだったのが

カレー風味のクリームチーズです。

何枚ものバケットに塗って食べました。

 

メインは

モッツァレラを忍ばせたポテトガレットに

トマトとバジルソースを添えたもの。

ベジタリアン仕様よ。

 そしてうちの野菜が使われているの♪」

アルコールが入っているからか

いつもより陽気に、そして誇らしげに

ウリが説明してくれます。

 

「…で、日本だとどうなんだ?」

ふいに遠くの喧騒に混ざっていた

マルクスの声がこちらを向き

わたしに問いかけます。

質問は宗教についてでした。

 

あまり詳しくなかったわたしは

「日本には多くの神様がいるの。

 信じたり信じなかったり

 人のスタンスもわりと自由だと思う。」

と、曖昧に答えることしかできず

ふと

「海外行くなら日本の勉強しときなよ~」

という友人の声がよみがえりました。

 

 

隣に座ったソフィアとは

片言のドイツ語ながらも

・ここでの生活はもうすぐ1年になること

・ここを出たら獣医の道に進みたいこと

・動物を殺すことに反対だから

 ベジタリアンであること

を教えてもらいました。

 

 

デザートには

ルバーブを甘く煮たものと

さっぱりとした柑橘風味のソルべ、

大胆で贅沢な量のティラミスが

細長い器にお行儀よく並べられ

出てきました。

 

 

・・・

 

「ほんと~~~~~~に

 おいしかったね!!」

お店を出ると一向はしばらく

みんなで過ごした素敵な時間について

感想を述べ合い、

やがてもと来たメンバーに分かれて

車に乗り込みました。

 

日本の宗教かあ…

やっぱちょっと勉強しよう…

 

頬杖をつき、ぼんやりと

流れていく夜の町並みを目で追いながら

そんなことを思う帰路なのでした。

 

 

 

f:id:mayu-dance-or:20161204114601j:plain