読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツのファームステイでライフワークを見つけた現役大学生の話。

大学に休学届を出し、自分でコーディネートした農業旅をご紹介

6/29 ひたすら豆収穫の午前が終了

こんばんは!itoです。

はじめましての方はこちらからどうぞ ↓

farmstay-germany.hatenablog.com

 

『ふくろう農場での生活。』を最初から読む ↓

farmstay-germany.hatenablog.com

 

 

 

ひたすら豆収穫の午前が終了

「ランチターイム!!!!」

ビニールハウスの入り口から

大きな声でお昼ごはんの時間を知らせてくれたのは

ソフィアでした。

 

ミヒャエルによるドイツ語講座もひと段落し、

さやえんどうの収穫に夢中になっていたわたしは手を止め

周りのメンバーの様子を伺います。

 

収穫物を入れたキステを携え、

やれやれ、やっとお昼だ!といわんばかりの背中は

ハウス入り口に集まっていきます。

わたしもキステを持ってみんなのもとへ向かいました。

 

勝手を知ったみんなは

それぞれが収穫した豆を種類ごとにまとめ、

キャスターつきの大きな荷台に載せると

それを押しながら倉庫と家のほうへ歩き出しました。

 

 

倉庫にある保管庫の前に着くと、

いつのまにか先回りしていたアドリアーナが

今日の日付が書かれたタグを

キステひとつひとつに差し込んでいきます。

 

全てにタグを付け終えると

さやえんどうたちは荷台ごと保管庫に収納されました。

 

 

「さて、お昼ごはんだ。」

ルーカスが言い、続けてアドリアーナが

「お昼は近くの会社の社員食堂で食べるの。

 泥の付いたこの格好で入るわけにはいかないから

 一旦家に帰ってキレイな服に着替えるのよ。」

と説明してくれました。

 

ミヒャエルとニアは先に玄関へと向かっています。

 

 

 

f:id:mayu-dance-or:20161127103628j:plain