読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツのファームステイでライフワークを見つけた現役大学生の話。

大学に休学届を出し、自分でコーディネートした農業旅をご紹介

6/28 在庫の野菜が食べ放題?

こんばんは!itoです。

はじめましての方はこちらからどうぞ ↓

farmstay-germany.hatenablog.com

 

『ふくろう農場での生活。』を最初から読む ↓

farmstay-germany.hatenablog.com

 

 

在庫の野菜が食べ放題?

ニアが連れて行ってくれたのは、家の向かい側にある倉庫。

 

ここは作業場も兼ねていて、

部屋中央の大きな机を囲むかたちで

積み上げられたコンテナや収穫物の入った段ボール、

”りんご専用”と張り紙のされた保管庫や巨大な冷蔵庫など

所狭しと並んでいます。

「ここは収穫した野菜を袋詰めしたり

 集めた卵をサイズごとに分けたりする場所。

 ま、俺たちウーファーのほとんどは

 あっつい畑に出て作業する役回りよ。」

 

ニアはそう言うと、

向かって右端にある巨大な冷蔵庫の扉を開けました。

電気をつけて入り、お前も来いよ、と目で合図します。

 

入ると両側にはたくさんの野菜や果物が保管されていました。

レタスなどの葉野菜に、緑と黄色のズッキーニ、

赤や黄色のパプリカに、見たこともない太さのネギ…。

あんずやぶどう、アボカドやレモンもあります。

 

「ここの食材はいつでも使い放題。

 朝食はいつもウリの家でみんなで集まって摂って、

 お昼はうちの農場の野菜を卸している社員食堂で食べる。

 夜は基本的に各自って感じだから

 おなかが減ったらここから食材を取りな。」

「え、ほんとにこれ何でも使っていいの?勝手に?」

「おう。ただし、こうしてタグがセットされてる箱のはダメ。

 お客さんの注文品だからね。」

 

ニアはズッキーニを手にとり

感心しながら庫内を見回していたわたしに

「ところでito、お腹へってる?」と聞きました。

 

「んー。移動中にお昼ごはんは済ましたからまあまあかな。」

と曖昧に返すと、

「どうせすぐ減るよ、なんか作ろうぜ。

 適当に材料見繕って。itoが食べたいやつ。」と言い

自分でもいくつかの食材を選んで手に持ちました。

 

 

 

f:id:mayu-dance-or:20161120184459j:plain